(株)トランスコウプ総研

TransScope Laboratory, Inc.

 

経営科学部門

会社概要

 
 
 

環境に対する社会の関心が高まっています。あらゆる企業にとって、環境は避けて通れない重要な課題です。社会のニーズを巧く捉えれば、大きなビジネスの展開の可能性につながります。一方、環境問題を起こせば、必ず大きな損失を伴います。 トランスコウプ総研環境部門は、廃棄物を中心とする環境問題に関して、各種調査や企業内の仕組みづくりのお手伝いなど、プロの視点での支援サービスを提供します。

各種調査受託

  • 市場調査
  • 技術調査
  • 企業評価
  • 調査プロジェクトの監理業務・事務局業務等

廃棄物の処理状況の確認代行

法律は、産業廃棄物の処理における排出事業者の責任を強く求めています。委託先の産業廃棄物処理業者が問題を起こした場合、排出事業者に責任が追及されることがあります。このようなリスクを回避するために、排出事業者はたとえ外部委託した廃棄物であっても、その処理状況を確認する必要があります。しかし、高度化した現在の産業廃棄物処理については、専門家以外はなかなか確認できません。 トランスコウプ総研環境部門は、排出事業者に代わり、プロの視点で廃棄物の処理状況の確認を行います。

施設設置のための資金調達のコンサルティング

廃棄物処理施設には、高度な環境対策が必要となっており、その設置には多額の資金を必要とします。トランスコウプ総研環境部門は、各種制度融資や、公的債務保証を組み込んだ資金調達計画の策定から遂行までをサポートいたします。

情報システムの構築支援、監理

廃棄物分野を対象とする情報システムの構築には、インターネットや電算システムに関する知識と、廃棄物に関する知識の両方が必要です。システムの目的、実際のワークフロー、廃棄物に関する社会・法律制度、そしてシステムを使う人などの諸要素を分析し、この分析結果をもとにコンピュータ・システムを構築して行くのです。また、プログラム作成段階においても、スケジュール管理や業務の現場との各種調整が必要になります。 トランスコウプ総研環境部門は、実践経験に裏打ちされたノウハウを駆使し、情報システムの構築支援とプログラム作成の監理を行います。これにより、情報システム構築の作業効率が向上し、納期と費用の圧縮が可能になります。

緑の生産性の向上に関する支援

環境にやさしく、かつ生産現場での生産性を総合的に改善する技術と経営手法を組み合わせ、環境問題への対策を現場で推進させる「緑の生産性」は、アジア生産性機構が提唱する概念です。「環境対策は金がかかる、儲からない」、という従来の呪縛から解き放ち、「生産性を向上し(利益を向上する)、そのうえ環境保全を推進する」という一石二鳥を狙うものです。 トランスコウプ総研環境部門は、産業廃棄物の排出事業者と処理業者の双方に、「緑の生産性」の向上のための概念の導入、手法の指導を行います。

廃棄物の収集輸送計画の策定、効率の向上に関する支援

廃棄物処理過程において、意外と環境負荷が大きいのが収集輸送工程です。都市ごみ、産業廃棄物の両方において、収集輸送効率の改善は、廃棄物処理システム全体の効率改善に大きく貢献します。 トランスコウプ総研環境部門は、現実の収集作業の分析から始まる一連の分析を通じて、機器の選定や収集ステーションの配置、収集輸送ルートのアレンジなどの総合的な廃棄物収集輸送計画の策定を支援します。

産廃処理業の生き残り支援

「優良産廃処理業者認定制度」が導入され、産業廃棄物処理業者に対する「評価基準適合確認」が行われるようになりました。この事業が進むことによって、産廃処理業者の優劣が明確になり、これからは産廃処理業者が厳しく選ばれる時代になります。 このような厳しい状況において、産業廃棄物処理業社が優良業者として評価され、生き残るための支援を行います。(詳細)


 


ページトップに戻る

東京都千代田区猿楽町二丁目4-2小黒ビル204号室
電話 03-3294-1417   ファックス 03-6908-4900